自宅で簡単にできるフットケア

せっかく可愛いサンダルやミュールを履いても、かかとがガサガサでは、魅力が半減してしまいます。



どんなスタイルの靴でもきれいに履きこなすためには、日頃からしっかりとフットケアをすることが大切です。


特別な道具を買わなくても、自宅にあるものを使って簡単にケアできる方法があるので、ご紹介しましょう。



バスタイムに簡単に行えるフットケアとしては、塩、オリーブオイル、蜂蜜を利用したものがあります。



バスタブに浸かり、かかとを柔らかくした後、塩、オリーブオイル、蜂蜜、各大さじ1を混ぜ合わせ、スクラブを作ります。

そのスクラブを使い、かかとや指の間などを優しくマッサージして洗い流すと、しっとりと潤いソフトな、赤ちゃんのようなかかとをキープすることができます。



硬くなってしまったかかとには、やすりとハンドクリームで対応できます。



洗面器にお湯を入れ、5分から10分足をつけて柔らかくした後、固さが気になった部分をやすりで擦ります。



あまり擦り過ぎると逆効果なので、1か所につき擦るのは10回程度にします。擦った角質を落とすために洗い流し、タオルドライの後、化粧水をつけ、ハンドクリームを塗ります。
その上からソックスを履き就寝すると、次の日の朝は、柔らかなかかとに近づいています。



最初のうちは毎日行い、やわらかくなってきたら、2日から3日に1回など、頻度を減らしてケアします。
今すぐにでも始められるフットケアの方法なので、毎日のケアに取り入れてみてはいかがでしょう。



関連リンク

第一のフットケアは最適な靴下と靴を選ぶこと

毎日立ち仕事をしている人や、一日中仕事をしている人にとって、足のむくみは本当につらいものだと思います。最初の方は特に何も感じていなくても、だんだん足がだるくなってきて、最後には歩くだけでも痛みが生じることもあります。...

more

美容分野と医療分野で注目のフットケア

フットケアは、足の爪を切ったり、保湿など足のスキンケアやマッサージをしたりすることです。高齢社会となった近年は、糖尿病など生活習慣病や閉塞性動脈硬化に起因した足病変が増加しており、美容分野だけでなく医療分野においてもフットケアが重要視されています。...

more
top